【女性向け】ハロートーク(hello talk)で話しかけられない人必見!プロフィール画像のつくりかた

言語学習アプリ、ハロートーク(Hello Talk)。「外国語を勉強するぞ!」と始めてみたはいいものの、

あなた
なかなか話しかけられない…
あなた
誰からもメッセージが来ない…

と悩んでいるあなたも多いのでは?

以前は私も同じように

イケメン外国人にたくさん話しかけられたい
(全然話しかけられない…かといって自分から話しかけるのはちょっと…)

と思っていました。

しかし、たった少しの工夫で、たくさんの外国人とやり取りすることができるようになりました!

その工夫とは、ずばりプロフィール画像の設定です。プロフィール画像をちょっと工夫したところ、たくさんのメッセージが届くようになりました。

そこで今回は、ハロートークで全然話しかけられなかった私が、たくさんの外国人に話しかけられるようになったプロフィール画像の設定方法を紹介します!ハロートークで外国語のやりとりがたくさんしたいあなたは必見です。

プロフィール画像の大切さ

プロフィール画像をきちんと設定することは、とても大切です。なぜなら、検索やタイムラインで一番最初に目に入るのがプロフィール画像だから。

投稿内容や自己紹介文よりも先に、あなたのプロフィール画像が第一印象として残ります。これができると、外国人から話しかけられたり、フォローされたりする確率がグンと上がります。

あなた
じゃあ、どういったプロフィール画像が受けがいいの?

と思ったあなた。

受けのいいプロフィール画面というのは存在します。どんな画像かというと、

一目で女性とわかる自撮り

です!

理由は簡単で、「私は日本人女性です!」というアピールをすることによって、日本人と話したい外国人(主に男性)がたくさんやってくるから。

あなたにまず知っておいてほしいのが、ハロートークには、日本人女性と話したい外国人(大体男性)がうじゃうじゃいるということ。ですので絶対にあなたは話しかけられますので、自信を持ってください。

ハロートークは、表向き「出会い系ではありません」と謳っており、「ロマンス(恋愛目的)お断り」と書いてある人も多いです。でも実際は、女性の投稿には男性が、男性の投稿には女性が「いいね!」している割合が高いというのが事実。笑

ですのでプロフィール写真が猫やイラストの場合、その人の姿が想像できないというデメリットがあります。もちろん会話を続けるためにはトーク力やタイムライン投稿が大切になってきますが、プロフィール画像があなたを見つけるきっかけになるのは間違いないです。ですのでなるべく自撮りを載せましょう。

個人が特定されづらい自撮り写真のつくりかた

ご自分の写真をSNSに投稿するのに抵抗感があるというあなたもいらっしゃることでしょう。そんなあなたのためにおすすめしたいのが、顔を半分以上隠した自撮り写真です!

これからその写真のつくりかたをご紹介します。「加工アプリは子どもっぽいから使うのに抵抗がある」というあなたも、

加工=顔を変える=身バレ防止につながる

と発想を変えて、ぜひやってみてください。

元となる写真を用意する

まずは元となる写真を用意します。自然光を後ろにして写真を撮ると、肌と髪がきれいに映ります。

今回は、例としてフリー素材のこちらの画像↓を使用しながらご説明します。

アプリで加工する

まずは写真全体を加工していきます。line cameraでもsnowでも加工ができれば何でもOKです。

この写真はもともとフリー素材として撮影されているので加工済みですが、さらに加工してみます。

目を大きくしたりしたほか、画像全体にもエフェクトをかけました。

そして、身バレ防止のためにスタンプで顔を隠します。

良い感じに加工できたので、スタンプを使うのはちょっと…という感じですが、身バレ防止が目的なのでいいでしょう。

顔を隠すところまで加工できたら、写真づくりは終了。写真の切り抜きは、アプリで行います。

切り抜く

切り抜きは、アプリ内でお好みの範囲でどうぞ。この写真では、

顔アップ、なおかつ髪飾りと浴衣が見えるようにしました。日本人らしさと女性らしさをアピール。

これで、人気者間違いなしのアイコンの出来上がりです♪

なお、アプリではアイコンの左下に小さく国籍アイコンが表示されます。ですのであまり左側により過ぎないよう注意。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ハロートークを通じて、たくさんの友達ができて外国語が上達するといいですよね。アイコンを変えて、たくさんの人と交流しましょう。

この記事が、ハロートークを使っているあなたの参考になれば幸いです。ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!