【写真あり】トリア(tria)で麻酔クリームを使ってVIO脱毛をする方法と感想。効果はあるがやはり痛い

家庭用脱毛器トリアで、VIO脱毛をしたいと考えている人も多いかと思います。ですがトリアではVラインの使用は認められているものの、IOラインについては認められておらず、使用する場合は自己責任という立場をとっています。

とはいえ!!!!

IOラインを脱毛したいというお気持ちは非常によくわかります。私もそうです。

  • サロンやクリニックでの脱毛は恥ずかしい…
  • 痛みが強い部分なので自分のペースで脱毛したい!

と考えているあなたも多いのでは?

ということで、実際にトリアで麻酔クリームを使用しながらVIOラインを脱毛してみました。

あなた
トリアでVIO脱毛をしてみたいけど、実際どんな感じなの?
あなた
トリアのVIO脱毛って痛くない?

と思っているあなたは必見です。

トリアでVIO脱毛はできる?公式サイトの見解

トリアの取扱説明書によると、Vラインは使用可能なものの、IOラインについては使用が推奨されていません。耳や乳輪などの皮膚が薄い部分や、粘膜のあるデリケートゾーンの周囲については、

このような箇所の皮膚は敏感で色が濃く、毛の密度も濃いことが多いため、トリア・レーザー4X を使用すると皮膚を傷つける場合があります。

※参考:【トリアビューティー】

と書かれています。

トリアで脱毛できない部分を大きく2種類に分けると、

  • 耳や乳輪など:もともと皮膚が薄く、脱毛できない部分。脱毛サロンやクリニックでも脱毛不可
  • IOライン:粘膜の近くで、デリケートな扱いが求められる部分。多くの脱毛サロンやクリニックで脱毛可能

といったところです。

IOラインは多くの脱毛サロンやクリニックで行われているので、照射レベルの上げすぎによるやけどに気を付けて、脱毛後のアフターケアをしっかりすればトリアでの脱毛自体は問題ないかな、と個人的には思います。

トリアでVIO脱毛をする前に!麻酔クリームを買ってみた

VIO脱毛をしたことのあるあなたならご存知かと思いますが、VIO脱毛はとにかく痛いです。私は脱毛クリニックでVIO脱毛をしたことがあるのですが、毎回脱毛前に麻酔クリームを塗っていたほど。

トリアも試し打ちとしてレベル5(最大レベル)でVラインに照射してみたところ、変な汗がじわっと出てくるくらい痛かったので、麻酔クリームを購入することにしました。

麻酔クリームはどこで買える?

麻酔クリームは、一般的なドラッグストア等で購入することはできません。病院などで処方してもらえる場合もあるようですが、トリアを使って脱毛する場合はネットショップの個人輸入で手に入れる必要があります。

有名どころだとオオサカ堂やアイドラッグストアーです。私はアイドラッグストアーで購入しました。

麻酔クリームはどれを買えばいい?

私が昔レーザー脱毛をするときにクリニックから提供されていたのは、エムラクリームという麻酔クリームです。ですので最初はエムラクリームを探していたのですが、調べているうちにラクサールクリームという麻酔クリームに興味を持ちました。

ラクサールクリームは、エムラクリームと同じ成分が同じ容量で入っています。それでいてエムラクリームより安価ということもあり、普及しているのだとか。

というわけで、私もラクサールクリームを購入しました。

一本でVIO脱毛が3~4回程度できる大きさです。2,3本くらい買っておくと安上がりかも。

トリアでのVIO脱毛前に準備するもの

トリアでVIO脱毛をする前に、準備しておくべきものをそろえましょう。

  • トリア本体
  • シェーバー(脱毛前の処理に必要です)
  • ガムテープ(シェービング後の毛を取ります。粘着力が弱いタイプがおすすめ)
  • 保冷剤(照射前後に冷やします)
  • 麻酔クリーム(なくても平気ですが、あるとより強いレベルで照射できるので効果が高くなります)
  • ※麻酔クリームを使う場合※ラップ(市販のものでOKです)、ポリエチレン手袋(100均でも売っています。使い捨てタイプがおすすめ)

当然ですが、トリアの充電はできていますね?電池は少なくとも三段階中2番目にあれば大丈夫です。

必要なものをそろえたら、さっそく脱毛していきましょう!

脱毛スタート!トリアでVIO脱毛をする方法まとめ

それではさっそく、トリアでVIO脱毛をする方法をご紹介します!

VIOのシェービングをする

まずはシェービング。VIOを剃り残しのないようにしっかり脱毛していきます。

特に剃り残しに注意すべきなのは、

  • Vラインの粘膜付近(毛が残っていると非常に痛いです)
  • VラインとIラインの境目(同じくかなり痛いです)
  • Iラインの粘膜のキワ(剃り残しが多発しやすいです)
  • Oライン付近のIライン(剃り残しやすく、皮膚も薄いので痛みが強くなりやすいです)

です。しっかりとシェービングしましょう。

ちなみにおすすめのシェーバーは、パナソニックのフェリエ。

ミュゼプラチナムや銀座カラーなどでも使用が推奨されている、人気のシェーバーです。脱毛用のシェーバーと言えばフェリエ、というくらい有名です。

シェービングが終わったら、ガムテープでそった毛をペタペタと取りましょう。

部位は違いますが、こんな感じで毛を取ります。

麻酔クリームを塗る

ポリエチレン手袋をはめて、麻酔クリームをVIOゾーンに塗ります。痛みが強い部分は1センチ程度、かなり厚めに塗るのが良いようです。

ポリエチレン手袋は、100均などで購入できます。

番外編:麻酔クリームはどこを中心に塗るべき?

麻酔クリームを中心に塗るべきなのは、痛みが強い部分です。あくまでも私の場合ですが、痛みの強い部分を図示するとこんな感じ。

Vライン

※黄色、オレンジ、赤の順番に痛みが強くなっていきます。

粘膜付近やIラインとの境目の痛みがかなり強いです。キワまでしっかり塗りましょう。

Iライン

Iラインは痛みが強いとよく言われていますが、個人的にはVラインの方がつらいです。ただ、Iラインのお尻側はかなり痛みが強いです。剃り残しも多い部分なので要注意。

Oライン

Oラインは個人的にあまり痛くありません。麻酔クリームがなくてもあまり問題はないかなと思っていますが、とりあえず少量塗っています。

そのままラップでデリケートゾーンを覆う

十分に麻酔クリームが塗れたら、クリームがショーツにつかないよう、ラップでデリケートゾーンを覆います。

図としてはこんな感じ。

ラップを一枚、大きめに切るのがコツです。ラップの上からショーツを履いて固定しましょう。

一時間ほど待つ

麻酔クリームに即効性はありません。麻酔効果が出るまでに、30分~一時間ほど待つ必要があります。

この間に、ポリエチレン手袋やラップ、シェーバーなどを片付けてしまいましょう。

麻酔クリームをふき取る

一時間ほど経過し、麻酔クリームの効果が出てきたと感じたら、濡れたタオルなどでクリームをふき取りましょう。触ってみて感覚が鈍くなったなと感じたら、麻酔が聞いている証拠です。

VIO脱毛開始!

それではいよいよVIO脱毛を開始していきます!照射漏れのないように、約5ミリずつずらしながらトリアをあてていきます。

痛みを和らげる方法は、照射する前に保冷材で数秒冷やしてから照射すること。冷たさで皮膚がマヒしているうちに、ささっと照射してしまうのがコツです。

要注意!打ち漏れの多い場所と脱毛のコツ

あて漏れ・うち漏れの多い場所は、私の場合だと

  • Vラインの粘膜付近(皮膚を上に引っ張り上げるようにして脱毛するのがコツです)
  • Iラインの粘膜のキワ(皮膚を左右に引っ張りながら脱毛するのがコツ)
  • Iラインのお尻側(片足だけガニ股のように開きながら脱毛するとうまくいきます)
  • Oライン(手でOラインの位置を確認しながら脱毛していきましょう)

です。どの部位も脱毛のコツがあるので、焦らずゆっくりと照射していきましょう。

脱毛後のケアをする

脱毛後は、ジェルや化粧水、クリームなどを塗って保湿しましょう。私はいつも保湿力の高い化粧水を塗っています。

脱毛後のケアは、赤みやほてりを抑えたり、黒ずみを防いだりするために大切です。入念にケアしましょう。

脱毛前後の写真※閲覧注意※

参考に、脱毛前後の写真を掲載します。まずは脱毛前、未処理の状態から。

※閲覧注意※

短いが太い毛、細いが長い毛というのが点在しています。

続いてはシェービング後、照射をした後の状態。

だいぶキレイになりました!ところどころある太い毛は、2週間程度すると抜けてきます。

もともとあった細い毛は効果が出づらいようですが、回数を重ねていくと効果が表れてくるようで楽しみです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、家庭用脱毛器トリアでVIO脱毛をする方法をご紹介しました。トリアでVIO脱毛をする際は、ぜひ参考にしてみてください。

※詳しくはこちら:家庭用脱毛器トリア(tria)

※興味のあるあなたはこちらもどうぞ:

【写真あり】脱毛器トリアはどのくらい痛い?痛くない?脱毛初めて&経験者が痛みを実際に体験して紹介!

最新情報をチェックしよう!